冬の革靴にぴったりの靴下を見つけました!

*すました顔して裏パイルなヤツ

 

 

ここの所、ずっと帽子被ってるので

この前帽子を被り忘れて出かけたら

頭が寒くて風邪引きそうでした。

 

こんにちは、tacoです。

 

 

三宮の北側、異人館とかがある方向に

北野坂というわりと有名な坂があって、

この坂は毎年11月になるとライトアップされます。

 

 

イルミネーションがキレイなのはもちろん、

夜でも道が明るくて怖く無いので、

犬の散歩もついついこの道を使いがち。

 

 

昨年までは緑と赤のキラキラでしたが

今年は雪の結晶が道路に落ちてますよ。

 

 

さて、明日の新作からおすすめの靴下をご紹介します。

 

mergeに今シーズン入荷のRoToToの靴下は

これが最後の商品となります。

 

RoToTは、ただの日本製ではなく「奈良産」。

 

 

 

奈良は靴下の産地なので、こう書かれています。

 

日本製ならどこでもいいのじゃなくて、

奈良県の靴下である、というところがとても大事なのです。

 

 

RoToToのソックスはたーくさんのコレクションがあって

カジュアルなものも多いのですが、

 

その中からmergeが選んだのは

 

革靴にも履ける、

大人が履いて恥ずかしくない感じの

機能的に納得のいく靴下。

 

 

こちらのCITY SOCKSは

表面はハイゲージのシンプルな靴下なのに、

 

なのに!!!

 

 

裏がずるっと全面パイル。

 

しかもウールメイン。

 

ここ、テストに出ます。(なんの?)

 

 

 

 

表面にコットンが出るように編んでいて、

 

 

 

 

裏面にはウールが来るように編んでいるんです。

 

 

 

裏パイルなので、ふかっとした履き心地です。

 

裏パイルはふかふかした心地よい履き心地だけでなく、

 

私のような甲薄で悩んでいる人にも

おすすめです。

 

そして、この靴下の素材はというと、

 

ウール65%コットン20%ポリエステル12%ポリウレタン2%ナイロン1%

 

複雑な混率ですね。

 

ウール100%の靴下を履いたことありますか?

ドイツ製の著名ブランドの物とか、

他もいろいろありますが、

ウールは確かに暖かい。

 

暖かいけれど、デメリットもあります。

 

●吸汗性が低いため蒸れる→やがてその汗で足が冷える

●水洗いを繰り返すとフェルトみたいになる

●摩擦に弱い

 

 

天然素材LOVEみたいな考えも好きですが、

合成繊維が悪者って考え方は好きじゃない。

 

なぜって、天然素材をより快適に心地よく機能的に使うために

現代の知恵の結晶、合成繊維マンが活躍するのです。

 

このCITY SOCKSは

肌に触れる面はウールでも表面をコットンにすることで

摩擦に強く、かかとなどすり減りにくくしているのだそう。

 

 

ポリエステルやポリウレタン、ナイロンは

伸縮性や強度を増すために配合されていると思われます。

 

 

mergeではとりあえずは女性用だけの入荷ですが

実は男性用もあって、

仕事用の革靴にも履ける暖かい靴下として人気みたいです。

 

※男性用サイズにご興味ある方はお取り寄せできるかもしれないので

お問い合わせください。

 

 

 

 

RoToTo

ウールコットン総パイルハイゲージソックス

¥2,100

 

明日の販売開始をどうぞお楽しみに。。。

 

 

 

------------------------------------------------

 

セレクトショップ merge

 

■ 本店 / http://www.mergekobe.com/

■ 楽天店 / http://www.rakuten.ne.jp/gold/merge/

■ 実店舗  神戸市中央区浪花町64番地 三宮電電ビル4F

 

 

 

------------------------------------------------







コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Information



selected entries

search

categories

archives

links

profile

mobile

qrcode